短時間でよく寝る方法

短時間でよく寝る方法

毎日が忙しくて睡眠にあまり時間が割けない方は多くいます。しかしそのような人でも睡眠の質を上げることで疲労回復を狙うことは可能です。どのようにすれば、短時間でもよく寝ることができるようになるのでしょうか。

 

まず寝る前に、しっかりとリラックスをすることが大事です。身体と心を落ち着かせることで眠りへとスムーズに導くことができます。就寝前四時間は食べ物を口にせず、ホットミルクやココアを飲みましょう。スマホやパソコンの強い光を受けずに、間接照明の柔らかい光に切り替えましょう。ストレッチなども大事ですし、また仕事や勉強など頭を使う作業はしないようにしましょう。

 

これらのことを行うと、身体が眠りのスイッチを押してくれます。

 

また、睡眠環境も大事です。

 

夏は26~28度、冬は18?23度の室温が適切ですのでエアコンなどで調整しましょう。音も光もない方がより熟睡できますので、耳栓やアイマスクで対策するとよりよいです。また、枕と布団も大事です。枕ならば丁度いい高さ、布団ならば丁度いい反発力が求められます。安物を購入するのではなく、相応にお金を使って、自分に合っているものを丁寧に選びましょう。

 

そして当たり前ですが体内リズムを整えるのも大事です。

 

毎日同じ時間に起きて、同じ時間に寝ることを心掛けましょう。そうすることで目覚まし時計などをセットしなくても自然に清々しく起き、また寝る時間になると自然と眠くなります。朝起きた時に、日光を二十分以上浴びることで体内リズムが定着しやすくなります。